〒410-8543  
  沼津市高島本町1-3  東部総合庁舎2階

   ☎ 055-922-1748
tabemono@numazu-shokkyo.net
  
 

       食中毒予防!         
       みんなで守ろう
原則 

 調理従事者の方々にとって、安全で安心できる食事をお客様に提供することは
最大の使命であり責任です。食中毒事故を起こすことはお客様の命を脅かすばかりか、それこそ経営面でも命取りになりかねません。
 また食中毒は、レストランや旅館などの飲食店で発生するだけではありません。
食中毒予防の正しい知識がないことで、一般家庭でも起こる危険性はあります。家庭においても、安心して美味しい食事がとれることは幸せの基本でもあるでしょう。


       「つけない」「増やさない」「やっつける」
        食中毒予防の3原則で食中毒を防ぎましょう!!

 ①菌やウイルスをつけない・・・よく手を洗う。食材ごとに調理器具を使い分ける。
 ②菌を
増やさない・・・食品を冷蔵庫または冷凍庫で保存する。
 ③菌やウイルスを
やっつける・・・十分に加熱する。
                    (目安は中心部の温度が75℃で1分間以上)

                    (ノロウイルスの汚染のおそれのある二枚貝などの食品の
                           場合は中心部が85~90℃で90秒以上加熱)



   

  の食肉の生食用としての販売等の禁止について
 

平成27年6月12日から豚の食肉(豚の内臓を含む)を生食用として販売・提供することが禁止されます。

   厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

 概要

  豚の食肉等は、寄生虫の感染や食中毒菌による食中毒の危険性があることから、加熱して食用に供されることが一般的でした。しかしながら、近年、豚肉の生食が原因と考えられる食中毒の発生も報告されていることから、関係事業者に対して、必要な加熱を行って提供するよう指導を行ってきました。このような中、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会において、食品衛生法に基づき、豚の食肉の生食用としての販売等を禁止することが承認され、平成27年6月2日に食品衛生法による規格基準において、新たに豚の食肉の基準が追加されました

       
 
「ノロウィルス」に対応の あんしんフード君(共済保険)  
 
  食 と 健康 8月号     掲載内容 
 特集1
     アニサキス症に関する
       最新の知見と対策

    
特集2
       消費税
     
「軽減税率・インボイス」
        
     制度について
        ~実務面での対応も含め~
       


    現場トラブル解決術
     調理場に動物を入れる危険性
        
    
目で見る食中毒発生状況・平成30年*                       
       

         
指導員のひろば   
            百貨店の
            食品衛生指導員として
                  (大阪支部 阿倍野支所) 
         
食の安全ウソ・ホント
          本当に危険なの?⑨   
  



      「食と健康」    毎月1日発刊 
           1部 612円
(税込)

       ※ご購読希望の方は、沼津食品衛生協会にお申込みください
                                 

            食中毒防止月間  (8月1日~8月31日)
  
  夏季に多発する食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、本年度も全国一斉に
 「食中毒防止月間」が実施されます。これに伴い、沼津食品衛生協会では、8月2日イシバシプラザ
 周辺でキャンペーンを行いました。

     「大川英一郎氏によるけん玉パフォーマンス

    

 「食品衛生協会」「食品衛生センター」を名のり、代表者名を尋ねる等、
会費の徴収にかかわる不審な電話が最近多くなっています。
そのような電話がかかってきた場合は即答せずに相手先の電話番号と名前を確認し、いったん電話を切って、各担当地区の食協に確認の電話を入れてください。
     沼津食品衛生協会 〒410-8543  
        沼津市高島本町1-3 東部総合庁舎2階
          Tel・Fax     055-922-1748
          Email    tabemono@numazu-shokkyo.net